ダイエットの豆知識

《食事執着心理》に陥らない方法!

更新日:


ダイエットを試みたものの、ダイエットが上手く行かず、失敗に終わってしまった者……かえって、太ってしまった者など、「ダイエット敗残者」は数多くいます。

それら「ダイエット敗残者」になってしまう可能性のもっとも高い心理的悪要因といえば――それは、『食事執着心理』です。

《食事執着心理とは?》

体重の減量や増量の際、食事に対して普通以上の強い意識を抱いてしまうため、食べる行為そのものに神経質に陥ってしまう心理状態を示します。
過度に食欲が増えたり減ったり、偏食になってしまうこともしばしば。
連鎖的な要因として、強迫観念的な不安やストレスが食事を促すこともあり、ほとんどの場合、意識とは逆転した食事欲求を表します。
(減量したいときは食欲旺盛、増量したいときは食欲不振)

では、この『食事執着心理』に陥らないためには、いったいどうしたら良いのか、その解決的アドバイスについてご紹介します。

食事執着心理防止アドバイス

(1)食事から意識をそむける

これは当たり前と言えば当たり前のことですけれど、この心理状態に陥っらないためには、何よりもまず、食事から意識をそむけることが大事です。

体重計に乗ったり、ダイエット関連の知識を探ったりなど、そういった行動をせず、趣味に意識を向けましょう。

(2)ダイエット諦める

逆説的ですけれど、ダイエットを諦めることで、食事を意識しなくなり、食事自体に興味が薄れ、かえって痩せてしまうことは充分にありえます。

事実、ダイエットを始め、逆に太ってしまう人もいるわけですから、心理的要因から考察しても、これは非常に効果的なことです。

(3)円満な恋愛をする

人の恋愛心理について、人はお腹が減っている時ほど異性を求める、と解釈されています。
それは逆に言えば、円満な恋愛をしているあいだ、人の食欲は抑制される心理が働くことを示しているわけです。
多くの恋愛または最愛の人を見つけることが、痩せることにも繋がりうるでしょう。

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2019 All Rights Reserved.