ダイエットの豆知識

“心理術”を用いた心理効果ダイエット法――効果的な痩せ方!!

更新日:


■ 心理効果ダイエット

ザイオンス効果

同じ事柄(人や物、考え方など)に何度も何度も接することにより、その事柄における好感度や印象が向上する心理効果

この心理効果がもっとも利用されているのが“コマーシャル”です。

紹介する商品とは全く関係のない童話や動物などをコンセプトに、何やら真剣に物事を語り合っているなんていうCMも近頃ではよく見かけますけれども、それもすべては“ザイオンス効果”を狙ってのこと。

何度も何度もコマーシャルを放送することにより、人の頭に「○○=CM」と抱かせて、たとえば童話のCMでは、桃太郎の絵本などを見掛けた折りに自然と○○のことを脳裏に想起させ……何度も何度も繰り返させるうちに視聴者に好感を抱かせることが目的です。

さらにまた、“こんな場所に記述する必要なんてない”と思わずには居られないような場所……に今時では、いろいろな会社名が記述されていることがあります。

何で、「そこまでして会社名を記述したいのだろう?」そう疑問を抱いたことのある方も少なくないでしょう。

ある機関の研究によれば、人が一日の生活のうえで見かける広告の数は「3,000~5,000個」

こういった社名紹介の広告もまた、“ザイオンス効果”を狙ったもので、少しでも多くの人に多くの回数、『社名』を見てもらうことが目的だそうです。

数多くの会社が乗り出し競い合ってまで、この心理“ザイオンス効果”を得ようとしているわけですから、この心理の効能が「いかに強い効果を持つか」というのも理解いただけたことでしょう。

さぁでは、その心理効果を上手く活用した『ザイオンス効果ダイエット』法についてご紹介・ご解説します。

≪ザイオンス効果ダイエット≫

上記の説明では主に「コマーシャル」について述べましたけれども、精神医学の研究のなかでは、決してそれが「広告」である必要はなく、人や物、さらには“考え方”にも影響を与えることのできる心理効果とされています。

そこで、誰しも一日のなかで数度は見ることになる“携帯電話(スマートフォン)の待ち受け画面”に――

――このような画像を設定してみてください。

初めは「はたして、こんなモノが何の役に立つのだろう……」と疑念を抱いてしまうのが常ですけれども、毎日毎日、朝から晩までちょくちょく、この画面に接することで、“もっと痩せなければ!”という潜在意識が芽生え始めます。

そして、そんな潜在意識が芽生え始めた頃にはすでに、『ザイオンス効果ダイエット』“ある程度の効果”を実感できることでしょう。

バンドワゴン効果

多くの人が支持し、信頼し、消費することによって、その“存在”におけ信頼度が自分の理解を超えて強くなる心理効果

この心理効果は、他人の目を気にし過ぎる日本人に“もっとも強い影響”があると言われています。

さてでは、この「バンドワゴン効果」が具体的にいったいどのような効果を及ぼすかと言えば――。

あとからよくよく考えると“何が面白いやら”まったく分からない「お笑いネタ」や、何がどのように凄いのかも分からないのに“凄いモノ”と何故か信じ込んでしまう「アート」など、そんな心理変化のことを示しています。

もっと分かりやすく、今風の言葉でたとえるならば『マスコミ効果』とでも呼べるでしょう。

周囲がみんな高く評価しているから、これを“高く評価すること”ができなければ、自分は周囲とのバランスを保てない……。

そんな曖昧な思想が、知らず知らずのうちに心理を洗脳して、面白くないモノを「面白い!」と思わせ、美しくないモノを「美しい!」と思わせてしまっているのです。

そして、時間と共に流行が過ぎ去り、周囲が「やはり、あれは面白くなかった」と言えば、自分もその考えに影響を受けて「やはり面白くなかったか」と心理が変化。

その主な結果が最近よくTVなどにて起用される“一発屋芸人”たちの存在だということはもはや言うまでもありません。

まぁしかし、知らず知らずに“強い心理影響”を周囲から受けているというこの効果を「バンドワゴン効果」と言い、この影響力を利用して痩せる方法が以下にてご紹介・ご解説する『バンドワゴン効果ダイエット』です。

≪バンドワゴン効果ダイエット≫

現代の世の中は、どちらかと言えば“デブに優しい”世の中。

「そんなわけあるかッ!!」と言いたげな方も多いでしょうけれど、それは大抵、小学校や中学校、高校くらいまでの話で、大人になってからデブというのは、何だかんだ受け入れられやすい傾向があります。

「デブ、うざい!」などと誰かが言えば、かえってそのデブを非難した人が叩かれるような、そんな優しい世間もあるんだとか。

しかしながら、それでもまだ“デブに対して強い拒絶感を抱く方々”も少なくなく、インターネットなどの匿名掲示板などでは、太っているだけで叩かれる人も少なくありません。

けれども、そんなデブに厳しい世間こそ、上記の『バンドワゴン効果』をより影響強く利用することができます。

「デブ キモイ」
そんなキーワードを入力して、Yahoo!やGoogleなどにて検索してみてください。

きっとそこには、聞くもおぞましいような、卑劣極まる“デブ批判”が述べられていることでしょう。

耐えてください。

そして、その恐ろしい“デブ批判”を直視することにより、世間の「デブに対するホンネ」を理解することで、いつしか自分自身も“アンチ・デブ側”にくら替えしているはず。

そのときには、自分自身がデブであることに、もはや耐えられない精神状態であるでしょう。

「デブは嫌だ!」
それを心底痛感することにより、おのずとダイエットのモチベーションを高い水準にて維持することが可能になるはずです。

人は、肉体から先に痩せることは決してできません。
まずは“精神”に変化を及ぼさなければならない――上記にてご紹介したダイエット方法を、ぜひ活用してみてください。

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2019 All Rights Reserved.