ダイエットの豆知識

無理なく健康にダイエットする為の二つの注意点

更新日:


『どうしても痩せたい!』と心から願っている方はとても多いのですが、実際に痩せた時に『かなり体調を悪くしてしまった』、あるいは、『目標体重まで全く辿り着く事もできず、途中で諦めてしまった』、さらには、うまくダイエット出来たもののリバウンドしてしまい何の意味もなくなってしまった』、など様々なダイエットを巡る失敗もあるかと思います。

では実際に失敗しにくくなる痩せ方、ダイエットの仕方はいったいどのようなやり方なのでしょうか?

1つ目は、失敗しないダイエットの目標数値を立てること!

ダイエットをする時に、やみくもに痩せようとする人も少なくはありません。
人気の女優さんやモデルさんを見て、その真似をして痩せようとする方もいるかもしれませんが、見た目痩せまで来るのは危険な数値である事もよくある事です。
そんな女優さんやモデルさんでさえ、後になり拒食症だったとカミングアウトする事さえあります。

ですので目標数値はなるべく健康を損なわない数値である事が望まれます。

健康でいられる体重の数値は、BMI体重で22%とも言われています。

ですがこれは必ず誰にでも当てはまる訳ではなく、筋肉質の人であればもっと体重があってもいいでしょうし、逆に隠れ肥満になってしまう事もあります。
ですので、適正な数値はBMI21%~22%前後で個人差があります。

この基準を下回ってしまうと、栄養不足になりリバウンドもしやすくなるので、体重だけではなく体の内容で見られるような癖をつけましょう。

2つ目は、実際に痩せるにはどうすればいい?をしっかり把握すること

痩せたいけど色々面倒な事はできない、そんな方も多いかもしれませんが、リバウンドを結果的にする原因や途中で挫折をしてしまうのは、やはり自分の体に必要なカロリーの摂取量や、体重を維持する為に必要なエネルギーを知らないせいもあります。

実際に痩せる事のできる体を作る為には、糖質、タンパク質、ビタミン、ミネラルのバランスを欠かない事が必要です。
極端にカロリーを節約しすぎるダイエットは、新陳代謝も悪くなり痩せない原因になったりリバウンドを繰り返す場合も多くあります。

これを避ける為には、やはり今の食生活を大雑把でもいいのでカロリーを計算する事や、平均的に自分の運動量なども足した必要なカロリーから200~300キロカロリー程度の削減を毎日続ける事が基本となるでしょう。
簡単なカロリー計算表を見つけましたので紹介します。

この方法は一番無理がなく、例えば間食や主食などを調整したり、ウォーキングを毎日定時間続けるだけでもかなり削減しやすい数字だと思います。
これならズボラさんでもできると思いませんか?

ウォーキングをする時や運動器具などを購入する時は、カロリーカウンターの付いた器具を購入すれば、さらに毎日減らしているカロリーを知る事が出来効果的です。

このように、痩せる時にはやはり目標体重や体に負担をかけすぎないダイエットを行う事が健康面でも大切なのです。

この痩せる生活はそのままダイエットの維持に繋がる生活ですので、根気よく毎日やって見る事が理想のプロポーションになる為には特に大切な事なのです。

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2019 All Rights Reserved.