ダイエットの豆知識

ローラが実践!話題のプチ断食ダイエット、ジュースクレンズ初めてガイド

更新日:


タレントやモデルで活躍中のローラさんがスタイル維持のため実践中のプチ断食ダイエット、ジュースクレンズが話題になっています。
ローラさんは実践後の効果として、『ちょっとのごはんでまんぷく』『肌がつるつるになった』『よく噛んでたべるようになった』『すごい元気になった』とたいへん満足しているご様子です。
スタイル抜群を維持しているローラさんが実践中のジュースクレンズを初めての方にご紹介させていただきます!

ジュースクレンズとはその名の通り、ジュースを使って体の中をきれいにする、有名芸能人やセレブの間で大変はやっているという、ダイエット方法です。
摂取するジュースの量には基本的に制限はありません、「おなかがすいたら飲む」で良いのです。
よく「プチ断食」などという言葉を耳にしますが、全く何も食べないよりは、まだ少しトライしやすいダイエット方法と言えます。
また、数日間飲み物以外を摂取しないことで、内臓を休めることもできます。
ただ、逆に言うと、数日間ジュース以外のものを口にしてはいけません。途中で固形物を摂取してしまうと、全く意味がなくなってしまうので注意しましょう。

どのような方法でジュースを作るのか?

ジュースクレンズといっても、ただ単にその辺に売っている、ジュースを飲めばいいというものではありません。

食事の代わりに制限なくジュースを摂取するので、添加物や砂糖がたくさん入ったものを多量に摂取していては、かえって体に毒です。
あくまで果物や野菜をそのまま絞ったりミキサーにかけて作る、100パーセントフレッシュジュースを使って行います。

また、加熱は絶対にしないこと。
せっかくのビタミンや酵素が損耗してしまいます。
生で摂取できる野菜や果物を使うことが大切です。

では、具体的にどのような方法で作ったジュースがよいかというと、
昔からある、高速回転のミキサーで作るのは基本的にNGです。
高速回転で粉砕して作ると、水を入れないとミキサーが回らないうえに、その熱によってビタミンが壊れる可能性もあり、出来上がりも使った材料によっては、ジュースではなくただの「すりおろし汁」になってしまいます。
何より、高速回転ではジュース自体が泡立ってしまい、飲みにくいうえに、おなかがごろごろしてしまう原因になります。

ではどういったミキサーを使うのか…
ここで使用するミキサーは低速回転で、材料に大きな力を加えてすりつぶしてジュースを作るタイプのミキサーが適しています。
ここ最近は、テレビショッピング等で作った後何時間たっても分離せず、しぼりかすもほとんど「ドライ」な状態で出てくるものが多く販売されています。
そういったものであれば、本当に余分な「かす」の部分は取り除かれるので、すりおろし汁のようにはならず、出来上がったジュースは泡立っていることもありません。
トライする人は、思い切って用意してみましょう。

ジュースクレンズの材料について

次にどんな材料をどのように使ってジュースを作るか…ですが、最初のうちは嫌いな野菜や果物を無理に使う必要はありません。
また、最初から細かく分量を計って作る必要もありません。
続かなければ意味がないのです。

特に最初は慣れるためにも、好きな果物3に対して野菜1くらいの割合で作ると飲みやすいジュースができます。

とはいえ、野菜が苦手だからといって果物100パーセントにしてしまうと、果糖を摂取しすぎてしまうことにもなりかねないので、野菜は必ず入れるようにし、徐々に野菜の割合を増やしていきます。

お勧めの組み合わせとしては、以下のようになります。
味もそれほどクセがなく飲みやすい組み合わせです。

◆「リンゴ+ニンジン」→ビタミンAが摂取できる
◆「パイナップル+小松菜+セロリ」→ビタミンCとカルシウムが摂取できる
◆「スイカ+プロッコリー+オレンジ」→美肌効果や風邪予防

葉物野菜は、クセやあくが強かったり、セロリなどはにおいが強かったりもするので、野菜が苦手な人は最初は色付けや、ほんの少しの香り付け程度に使うのがよいかもしれません。
また、かんきつ類は野菜のにおいを和らげてくれる効果があるので、野菜が苦手な人はぜひ取り入れてみましょう。

そのほかにも、寒い季節であれば、しょうがをほんの少し入れたり、トマトを使ったジュースもお勧めです。
ジュースであれば、普段食べない部分(茎や、種を除いた芯の部分、皮の部分など)を一緒に入れて作ることができます。

野菜や果物は特に「皮と実の間に一番栄養がある」といわれているので、そういった部分も忘れずに使うことで、さらに栄養価の高いジュースができます。

少しずつ野菜の割合を増やし、最終的には野菜6果物4くらいの割合にまで持っていければ、果糖の割合が適度に下がるので、より一層ダイエット効果が高まるでしょう。

簡単なジュースクレンズによるダイエットですが、最後に注意点を。

◆体調の悪い時や妊娠中等は絶対に行わないでください。体調が悪化したり、おなかの赤ちゃんに悪影響がある場合があります。

◆ジュースクレンズ終了後は、何度か「おかゆ」や「おもゆ」などの、おなかに優しい食事から始めてください。

胃を含めた内臓が、飲み物だけの摂取に慣れてしまっている状態なので、急に固いものや油の多く含まれたものを摂取すると、うまく消化することができずに体調を悪くしてしまう可能性があります。

以上の点に注意してくださいね。

ちなみにローラさんはジュースクレンズで1週間のプチ断食を終えた後おかゆを食べて涙が出そうになっちゃったと。。
さすがに最初から1週間はいきなりはきついです。
ローラさんも週末の3日間をジュースクレンズしてみたりと実践されているようです。
無理せずご自分の体調に合わせて行ってくださいね。

食べ過ぎ、飲みすぎの気になる人はぜひジュースクレンズダイエットをぜひ試してみてください。

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2019 All Rights Reserved.