ダイエットの豆知識

ダイエットのすゝめ①――【痩せる人/太る人の特徴】

更新日:


世の中には背の高い人、背の低い人、太った人、痩せた人……さまざまなタイプの人がいます。

「何故、それぞれ【○○タイプ】というように、いろいろな体型の人がいるのか?」

「みんな同じ【人間】というひとくくりなのだから、同じように“平均的な体型”にならないものか?」

――“人間の体型の多様性”を不思議に感じたことはありませんか?

まったく≪同じ体型≫という人が存在せず、みんなバラバラ、さまざまな体型になってしまうことには、ちゃんと医学的な理由が存在します。

それは、人間が外部からの“環境変化に対応できる多様性”を備えているからです。

「分かるような……分からないような……」

そう思う方が大半かもしれません。

しかしながら、実はこの“人間の多様性”というのは、体型が痩せること/太ることに大きく関係しているのです。

そこで此度は、その“人間の多様性”に重点を置いて『痩せる人/太る人の特徴』について解説します。

“人間の多様性”についてちゃんと理解できれば、一気に「痩せること」も可能となるでしょう。

人間の多様性について

“人間の多様性”などと述べられると、あまり聞き慣れていない方にとっては少々難しいことのように感じられるかもしれません。

けれども、そんな難しいことはなく、“人間の多様性”とは実に単純明快なこと。

一文で述べてしまえば、人は「環境(外部影響)」「本質(内部影響)」のふたつの影響を受けて『個性』を生み出すということです。

「環境(外部影響)」とは、主に“その人が生活する場”であって、家庭や会社、学校など、あなたが一日のあいだに歩き接するロケーションすべてを含めます。

「本質(内部影響)」とは、主に“家系から伝わる遺伝的な素質”“育った家庭から得られる資質”であり、それら本質は身体に強い影響を及ぼします。

これらふたつの影響をふまえて、さてでは『痩せる人/太る人の特徴』について考察してみましょう。

まずは“痩せるタイプ”の人から――

痩せるタイプの人の特徴

環境(外部影響)

≪束縛のある生活≫
「社会的束縛」「時間的束縛」「経済的束縛」など、痩せるタイプの人ほど、自分に“束縛(制約)をおのずと設けてしまう傾向”があります。
時計をチラチラと意味なく確認したり、ときおりお金の計算をしたりなど、自分からそういった“適度なストレス環境”に身を置くのです。
ストレスというのは決して悪いものばかりでなく、適度であれば「欲の自律/持続的な満足感」などが得られるため、自然と『食欲から意識が遠のく思考』になりやすいと言われています。

≪損得勘定を迫られる機会が多い≫
人は誰しも“損得勘定”「自分の意志」として打算的に生きるのが基本。
がしかし、痩せるタイプの人は、太るタイプの人に比べて“損得勘定”をする機会が多いと言われています。
そしてまた、いろいろな物事を天秤に掛けて計る思考性を備えているため、悲観的な考えに陥りやすいとも。
『食べるよりも……』という感情が食欲を抑制する働きがあるのでしょう。

本質(内部影響)

≪世間体をしつように気にする≫
世間体をしつように気にする『神経』を備えている人は、多くの場合「嫉妬欲が強く」なり“食事の欲求を示さない傾向”があると言われています。

≪食事の時間が短い≫
“食事の時間が短い”家庭で育つと、大人になっても、おのずと食事に「時間的制限」を設けるようになって、その“時間外での食事は事務的になる”そうです。

次に“太るタイプ”の人について――

太るタイプの人の特徴

環境(外部影響)

≪頼れる人・信頼できる人が身近にいる≫
「ついつい頼ってしまう……」そんな人が身近にいる環境というのは、長くいれば自分を律するチカラがどんどん失われて行きます。
自律性の欠損が“過剰な食欲”を生み出す原因になっているのです。

≪見られる機会が多い≫
見られる機会が多ければ、逆に「痩せる」と思われがちですけれど、周囲の人から多く“自分の体型”を意識または指摘されると、自然に自分の意識も『自分の体型ばかり』に向かってしまいます。
他人に意識を向かわせられるからこそ“人の振り見て我が振り直せ”のように、他人の体型を目指せるのですけれど、『自分の体型ばかり』に意識が向かえばそれができなくなる――そうして、気付けば痩せることを放棄し、太ってしまうのでしょう。

本質(内部影響)

≪過食の家庭で成長≫
太ってしまう一番の原因は“過食環境での成長”です。
子供の頃から過食を続けると、身体が「太ること」に慣れてしまって、ありがた迷惑なことに脳が勝手に“一定の太さを正常”と認識して、子供の頃の“一定の太さ”になるまで過剰な食欲が尽きなくなる身体になってしまうのだとか。
この本質的な太るタイプに限っては、身体に“痩せること”を教えるため、『運動ダイエット』が最適です。

以上の特徴をぜひ参考にして、簡単なひと工夫を生活に加え“太るタイプ”の人も、“痩せるタイプ”の生活ができるよう意識してみてください。

“痩せるタイプ”の人の生活を行えば、自然と痩せられるはずです。

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2019 All Rights Reserved.