ダイエットの豆知識

≪信じてはいけない“ダイエットの妄言”≫

更新日:


――最近、女医やダイエットサポーター、アドバイザーなどがバラエティ番組によく現れます。

その際、何かと視聴者を惑わす“ダイエットの秘訣”を伝えようとしてきますが、それらを鵜呑みにしてしまうことは非常にあやうい……。

そこで、そういった“間違いダイエットアドバイス”を記録しました。
その間違ったポイントを例に挙げ、間違いと正しい方法についてご解説いたします。

≪信じてはいけない“ダイエットの妄言”≫

◆「炭水化物を……」

「痩せたいならカロリーでなく“炭水化物”を気にしなさい」
――先日、このように述べている女医がTVに出演なさっておりました。

その女医いわく、カロリーは気にせず、“炭水化物の摂取”を控えれば、自然に体は細くなっていくとのこと。

【誤解×】

<炭水化物を摂取しない=痩せる>
……そんなことは、ありませんので注意しましょう。

例えて言えば、――

(食材1)
カロリー……100Kcal
炭水化物……50グラム

(食材2)
カロリー……500Kcal
炭水化物……10グラム

――以上、このふたつの食材があった場合、どちらを食べ続けた方が痩せるでしょうか?

どちらか言えば、結局のところ<カロリーの少ない(食材1)>の方が痩せる可能性が高いです。

しかし実際、これは愚問でして、カロリーと炭水化物は、言ってしまえば“比例している関係”であり、このように偏った栄養「炭水化物が高くてカロリーが少ない」というような食材は存在しません。

仮に炭水化物が少なくとも「肥満の原因となる『脂質』」などが高かったりなどするので――やはり、総合的に<カロリーをチェック>する方が正しいのです。

● 正しいダイエット知識

炭水化物や脂質、カロリーなど、結局は――何も気にする必要はありません。

≪毎食500Kcal≫を意識し、それ以上食べれば太りますし、それ以下に抑えておけば、自然とスレンダーな身体を手に入れることができるはずです。

『我慢』ができないのであれば「細い身体を諦める!」――そのくらいの割り切って、食事をコントロールする意識がダイエット成就には必要になるでしょう。

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2019 All Rights Reserved.