ダイエットの豆知識

≪ダイエットで気を付けるべきこと【3選】≫

更新日:


≪ダイエットで気を付けるべきこと【3選】≫

(1)タンパク質不足

『ダイエット』中というのは何かと、カロリーの高そうな“お肉だとか卵だとか……”そういった類のモノは敬遠してしまうもの。

確かに、野菜など(タンパク質・脂質の少ないモノ)ばかりを摂取していれば、中性脂肪などが溜まることを防げるので、『ダイエット』には効果があるでしょう。

しかし、『ダイエット』の“本来の目的”というのは――綺麗になりたい――という一心です。

タンパク質を敬遠しては<肌のうるおい・肌荒れ・ターンオーバーの劣りなど>のダメージが肌のなかに溜まってしまいます。

せっかく痩せて“スレンダーボディ”を手に入れても、肌がボロボロでは意味がありません。

対処法:アボカドのような『低カロリー/高タンパク』の食材を夕食の際に摂取することが肝心です。

(2)夜更かしをしない

朝や昼、夕に比べて、「深夜」というのは“自分だけの空間”を形成しやすい傾向があります。

“自分だけの空間”は、抑制や理性を欠き、本能的になりやすいため<食欲の我慢>が非常に難しい――。

“夜更かし”はお肌の敵であると同時に、<ダイエットの敵>でもあるということを覚えておきましょう。

(3)過剰・急激な<ダイエット>は避ける

<ダイエット中の女性>のほとんどは、何かと早急に“痩せボディ”を欲します。

そのため、朝昼夕のうちの「一食を抜いたり」や、ときとして「絶食」を試みる方も少なくありません。

医学的な見地から考えても分かる通り、1日のうち、平均的な成人の消費するカロリーは<1950Kcal>ほど。

それに対して、1キロ痩せるためには約7000Kcalという膨大なカロリーが必要になります。

単純に考えれば<4日間・絶食>をすれば「1キロ」痩せられる計算――。

しかし、食事を摂取しなければ行動が怠慢になるので、通常よりも遥かに消費カロリーが劣り、一説によれば、1日でも絶食した場合の消費カロリーは<1日たったの900Kcal>ほどになってしまうんだとか。

すなわち、約10日のあいだ「絶食」をすれば、ようやく<1キロ減量>できることになります。

文字の上からも“途方もないこと”が分かる通り、過剰・急激な≪ダイエット≫は避けるべきです。

地道に、ゆっくりゆっくり体重を減量させることが、≪ダイエット成功のカギ≫となるでしょう。

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2019 All Rights Reserved.