ダイエットの豆知識

断食ダイエット方法に温め効果プラスでリバウンドしない方法が注目!

更新日:


温まる断食、ストレスもリバウンドもない!

「断食」というと大変な覚悟が必要!? って思いますよねー。

ここでご紹介する断食は、一切何も食べないということではありません。
体に必要な栄養はきちんととります。

ほとんど空腹感を感じないため、「ダイエットをしているから、今は食べられない! 」
“ガマンをしている〟というストレスがありません。

ダイエットはそのストレスが大きいと、必ずリバウンドの原因になります。

<bこの断食なら気持ちよく体が温まり、苦痛なく実践できます。</b

リバウンドもありません。

 

断食温め効果で、こんなにある効果

ストレスにならない、気持ちの良い健康的な断食で美しく痩せられます。

 

断食は月1回で、外側も内側も変わる!

断食すると、余分な脂肪が減少して、スリムな体型に近づくのはもちろんのことですが、外見の変化だけではありません。
胃腸など内臓も健康的に変わっていきます。

その主な理由は、消化器官以外の臓器は、十分な血液が体にスムーズに流れることで、その機能を立派に果たすことができるのですが、血液がとどこおっているとその機能を発揮できません。

断食はそれを回復することができるのです。

はたらきすぎた消化器官を、月に1度、休息させることができます。

断食している間は、消化器官がはたらかなくて済みます。

すると別の器官で仕事をすることができるのです。

 

断食は美肌・頭髪に良い影響が

断食で血液が十分流れるようになり、老廃物が排泄されるようになります。
すると、体の内側から、肌をうるおわせることができるようになるのです。

肌につやも戻ってきます。

老廃物が排出されれば、ニキビや吹き出物にも影響を及ぼし改善の方向に向かいます。

20代後半から30代になってもできてしまう、いわゆる大人ニキビなどは、ここに原因があることがほとんどです。

また水分が巡るようになり、血液の流れも改善されるのでしわにも変化があるでしょう。

頭皮の環境も良くなるので、髪の毛にも影響します。

だんだんとハリのある健康的な毛髪が生えるようになります。

 

断食は、リラクゼーション効果がUP!

断食中は、副交感神経が優位にはたらきます。

断食をすると、体の自然治癒力が高まります。

その結果、ストレスも軽くなるので、精神的にも穏やかな気持ちが得られるのです。

内臓、血管などの機能は、人間の意志とは関係なく、自律神経がはたらいて自動的に調整しています。
自分ではコントロールできない神経です。

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。
交感神経は、活動している時や興奮した時に機能し、副交感神経は、休息やリラックスした時に機能しています。

通常、副交感神経が機能している時は、精神的に安定している状態ですね。

精神的にも身体的にも疲れが回復して、免疫機能も高まる時です。

 

人間本来の治癒力を高める、断食の効果

風邪をひくと、熱がでて、食欲が低下します。

これは、病気になると体に負担のかかる「消化」という行為を停止して、病原菌を退治する白血球を活性化させる必要があるために熱を出します。

風邪をひいて熱があっても、薬で無理に熱を下げることは、本来あまり良いことではないのです。

病気に対抗しようとする、本来持っている自然治癒力を発揮しようとする身体の本能的な力なのですから。

断食は、この二つの能力を引き出し、機能を正常化するためのものなのです。

 

体温が上がる断食中は、体内が快調!

通常、体に食べ物が入ると、体内で熱に変換されます。
そして体温を維持しています。
しかし、断食中は、燃やすべき食べ物がないので体内にある老廃物や、あふれた脂肪や糖を燃やすことで体温を維持することになります。

その時、胃腸ははたらいていません。
はたらかない分、他の体の機能が活発になり、老廃物を燃やすことに打ち込めるわけです。
そのため断食中は、体温が上がると考えられています。

 

現在の体調チェック

1. 常に、頭痛や肩こりがある
2. 体がだるくて、気力もわかない
3. 食欲が、わかない
4. いくら食べても、お腹がすく
5. 寝つきが悪い
6. 休日にしっかり休んでも、疲れがとれない
7. 常に体調が、シャキッとしない

この中で、いくつかでも当てはまるなら、ダイエットは断食がおススメです。

体も心も不調のまま、ダイエットに取り組んでも思う効果が出せないと思います。

消化器官の機能を正常に整えてから、ダイエットすれば効率の良いダイエットができます。

 

今ある不調の原因

❖不調の原因

不調の原因と、効果がでる食材もお伝えしておきます。

 

✤常に、頭痛や肩こりがある

頭痛薬は、副作用として体を冷やします。
一時的に痛みを止めますが、体は冷えてしまうのです。

できるだけ、食材でカバーするようにしましょう。

❒ この食材がおススメです!
ネギ・生姜・ニンニク・ぎんなん・ほうれん草

 

✤体がだるくて、気力もわかない

疲れには、糖分が必要です。

ストレスには、ビタミンCを意識してとりましょう。

疲れが抜けないのは、体内の細胞が疲弊しているからです。

細胞のエネルギー源となる糖分を補給し、その糖分を効率よく燃焼するためには、ビタミンB₁が不可欠です。
ビタミンB₁の吸収を助ける玉ネギを多く摂るようにしましょう。

❒ この食材がおススメです!
玉ネギ・ネギ・生姜・ニラ・ニンニク・レモン・梅・らっきょう
ニンニクは、とりすぎると貧血になるので注意!

 

✤食欲がわかない

先ずは、規則正しい食事や睡眠など、生活リズムを心がけることが大切です。

食欲を増すためには、胃腸を刺激する柑橘系が、おススメです。
胃腸を刺激し、食欲を促進する薬味も効果的です。

❒ この食材がおススメです!
レモン・りんご・らっきょう・ニンニク・ネギ・ニラ
ラッキョウの酢漬けなどもおススメです。

 

✤睡眠不足

神経の高ぶりと冷えが主な原因です。

適度な運動で発熱を促して、神経をしずめ、体を温める食べ物をとるようにしましょう。

✤冷えに効く食べ物
ネギ・玉ネギ・シソ・ぶどう・くるみ・生姜湯などが効果的です。

体を温める飲み物を飲んで、リラックス状態を心がけましょう。

 

そんな不調から脱出するために、断食に取り組もう!

健康とスリムな体が手に入る断食ダイエットは、「排泄」の効果によってもたらされます。

私たちは、豊かな食生活によって、栄養のとりすぎという状態に陥っています。

大切な食事も、健康の基本ではありますが、正しい食べ方ができてこそ健康につながります。

食事は、体を温めること、腹八分にとどめること、このシンプルな食生活が体を守り育ててくれます。
間違った食生活を一旦リセットすることで健康体と、無駄な贅肉のないスリムで美しい体づくりへと変換できます。
それが断食です。

 

初めての「断食レシピ」

❖【朝食の断食】

睡眠中は、咽がカラッカラに乾いた状態ですね。
つまり、飲まず食わずの数時間を過ごした後です。
この状態の胃に、朝はたくさん食べるのは胃に負担がかかります。

にんじんジュースかショウガ紅茶orショウガ湯などで、軽くしておきます。

※ はじめての場合、朝食断食を1週間実行してから次に進みましょう。

 

【昼食】について

昼食は、朝の断食の後、はじめての食事とも言えます。

ここでは、胃に負担のかからない、消化吸収の良いお蕎麦がおススメです。

発汗、利尿作用のある薬味のネギなどを多めに入れたり、発汗、解毒作用のある唐辛子をかけると更によいですね。

 

【夕食】について

夕食は基本的に何でも構いませんが、高タンパク、低脂肪を心がけましょう。

ご飯もできるだけ白米より、玄米、胚芽米などが望ましいです。

30回噛むことを心がけ、食事の時間もゆっくりとるようにしましょう。

お酒も少し位なら構いません。

 

❖にんじんジュースの作り方(1人分)

◧材料
❒にんじん:2本
❒りんご:1個

◧作りかた
1. 皮付きのまま使うので、丁寧に洗います。
2. にんじんとりんごを、皮のまま適当に切る
3. ジューサーにかける。
4. カスをとり除き、飲みます。

人間の身体に必要なビタミン、ミネラルを全て含んでいるのが、にんじんジュース燃焼効果のあるにんじんジュースは、痩せる効果があるだけでなく、体内の老廃物を燃焼してくれます。

 

断食に慣れたら【半日断食レシピ】

朝食断食を1週間実行できたら、次は、仕事がお休みの日に挑戦してみましょう。

朝食と、昼食を軽くします。
朝食には、にんじんだけのジュースですが、昼食には、にんじん1本とりんご1個半~2個を使ったレシピです。

断食中は血糖値を低下させているため、りんごで糖分を補う必要があり、りんごが多めです。

夕食には、味噌汁をとりましょう。

断食中は、排泄がいいので塩分が出ています。
体から出た塩分を少し味噌汁で補うといいでしょう。

しっかりダイエットしたい「1日断食レシピ」

朝食断食、半日断食に慣れてきたら、1日断食に挑戦しましょう!

但し、病気や既往症がある場合、薬を常用しているなら、必ず医師に相談してからにしてください。

もし、めまいやふらつき、動悸などの症状が現れたら、低血糖に陥ってることになります。

通常は、黒砂糖入りのショウガ紅茶や飴などをとることで戻りますが、症状が続くようなら断食を中断して、病院へ行きましょう。

これをできるなら、月1回断食しましょう。

❖ショウガ紅茶の作り方(1人分)

◧材料
❒根ショウガ(チューブタイプでも可):量はお好みでよい。
❒紅茶 (ティバックでも可):ティカップ1杯
❒ハチミツor黒砂糖:お好みでよい。

◧作りかた
1. 根ショウガを丁寧に洗う
2. 皮ごとすり下ろす
3. ティカップに紅茶を入れる
4. そこにハチミツor黒砂糖を入れる

 

✤万能薬の生姜紅茶

昔から漢方では、ショウガは万能薬とされてきました。

「血:血液をよくする」
「水:発汗、利尿作用に優れている」
「気:副腎皮質を刺激、アドレナリンを分泌させるため、気力を充実させる」

これらの流れを改善するので、あらゆる漢方薬にショウガが取り入れられています。
これらが改善されると、肥満とは無縁になるのです。

断食は、これまでの行き過ぎた現代人の食生活を、一旦リセットするための行為です。

温める力が大きくダイエットには最適の方法です。

無理なく効果的に進めるには「健康になりたい!」「美しくなりたい!」と心から思うことです。

確かな意思と実行力があなたを変えていく原動力です。

さぁ、なりたい自分に向かって行動あるのみですね♪

頑張りましょう♬

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2018 All Rights Reserved.