自宅でできるリンパドレナージュとは?やり方を覚えてみませんか?

▮ 何だか不調・・・ドロドロリンパが原因かも?




「病院に行くほどではないけど、何となく不調」
そんな時は、リンパの流れが滞っていることが多いものです。

リンパが滞っていると、セルライトが蓄積し、太る要因を身体に溜め込んでしまうことに・・・。
自宅でできるリンパマッサージ法を覚えて早めに対処してみませんか!

リンパドレナージュとは、リンパ液の流れを活性化して人体にとって不必要な異物や老廃物を集め、排出するマッサージテクニックのこと。

❖ドロドロリンパのチェックしてみましょう


1 朝、起きられない!
2 人から「疲れてるのですか~?」と言われることがある!
3 最近、体重が増え気味だ!
4 寝る前に、食べ物を口にしている
5 最近、視力が落ちてきた気がする
6 アレルギーがよく起きる
7 汗を、ほとんどかかない
8 入浴は、シャワーだけで済ませる
9 便秘をすることが多い
10 タバコを吸っている
11 手足が冷える
12 水分をあまり摂らない
13 二の腕のチョウチンスリーブが目立ってきた
14 甘いものが好物
15 顔が大きくなった気がする


❖ 1つだけなら:
リンパの流れが滞り始め、身体がSOSを発しています。
疲れを感じたらすぐにリンパマッサージをして早めに改善しておきましょう。
マッサージの効果が早く現れるタイプですね。

❖ 3つ以上なら:
ドロドロリンパがセルライトに張りついている状態です。
表情や肌にも老化現象がでています。
肌の調子がよくない、動作がキビキビしていないなど、「おばさん化してきたな~」と思ったら早めに手を打ちましょう。
1日1.5ℓの白湯を飲んで、毎日リンパマッサージをすると、滞っていたリンパが流れて体調が改善します。

❖ 5つ以上なら:
ドロドロリンパの影響で、セルライトが全身に広がっています。
脂肪が燃えにくくなっている状態です。
常にだるい!常に疲れている状態に慣れてしまっている状況です。
身体が慣れ過ぎて自覚症状がない人もいますね。

入浴は湯舟に20分間しっかり入り、入浴後にリンパマッサージをするといいですね。
できれば入浴の前後で500mlの水を飲むとリンパが流れやすくなりとても効果的です。


❖8つ以上なら:
身体が痩せにくい体質になってきています。
下半身のリンパが詰まっている状態です。
下腹部と太もものリンパマッサージは必須。
毎日2ℓの水を飲みましょう。

入浴は20分間必ず湯舟に入りましょう。
そして汗や尿で毒素を身体から出せばラクになります。
先ずは3週間で身体の変化を感じると思います。




▮下腹部のリンパマッサージ方法


リンパマッサージは全身に効果がありますが、ここでは、下腹部のリンパを改善していきましょう。
特に慢性的に過食気味の人や便秘気味、姿勢が悪い人
また、腹筋の衰えによって内臓が下垂して歳とともに洋ナシのように下腹部が出てしまった人に効果的です。

このマッサージで腸の周りの深層部にあるリンパの流れを改善して皮下脂肪の代謝を良くしましょう。

1.深層のリンパを刺激します。(各5回)


1.

肋骨の下に両方の指4本を握りこぶしにして差し込む。
息を吐きながら、ゆっくりと少し強めに。

・3秒間かけてゆっくり押し込み、
・3秒間そのまま止めて
・3秒間かけてゆっくり元に戻す。


下半身とお腹のリンパは全てここに集まる重要な場所です。




2.

おへその少し下と腰骨の交差する位置に、両手の握りこぶしを縦方向に差し込む。

・3秒間かけてゆっくり押し込み、
・3秒間そのまま止めて
・3秒間かけてゆっくり元に戻す。


これを左右行ないます。



2.深部へのマッサージ(各5回)



仰向けに寝て、膝を立てて、お腹の力を抜きます。

【1.深層のリンパを刺激します。(各5回)】で刺激をした場所に、両手を重ねてそれぞれお腹に向かって、
らせんを描くようにマッサージします。
深部を流すので両手を重ねて強めになでます。




2.表層へのマッサージ(各5回)


1.

おへそから斜め下の脚の付け根、そけい部に流すように両手でさすります。






2.

そけい部を外側から内側に向かって流します。
表層のリンパを流すものなので力を抜いて軽く手を動かして流します。
ここは10回行います。




3.

肋骨の下に両手を重ねて置きます。
そのまま真横にさすります。





例えば、お料理をする時、お鍋に材料を入れてトントンと動かすと材料が減ってお鍋の上に隙間ができますよね?これと同じことなんです。
脂肪層にたまった余分なリンパを流すことでボリュームダウンしてすっきりします。


▮ 姿勢にも注意


簡単に腹筋を鍛える方法の一つとして、正しい姿勢を保つことが挙げられます。
背筋を伸ばして腹筋に力を入れて引っ込めてお尻を引き締める。
たったこれだけでも腹筋は鍛えられます。


しかしこの姿勢を日々継続するのが結構大変なこと。
普段から正しい姿勢を心がけると自然と筋力がアップして、お腹周りがスッキリします。

女性はホルモンバランスを崩したり、筋肉量が少ないために女性特有の身体の悩みや疲れがあります。
ストレスや運動など女性の身体を壊しやすい原因があふれています。
できるだけゆったりした気持ちでリンパマッサージをしながら心も身体もおばさん化しないよう自分の身体をケアしていきましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。