ダイエットの豆知識

リンパ流しで二度と太らない! たった2分ダイエット成功の鍵

更新日:


【目次】
▮リンパ流し➡筋肉が柔軟に➡脂肪燃焼する➡二度と太らない
▮リンパを滞らせている要因をチェック!
▮習慣を見直し、リンパを流せば体が変わる!
▮リンパは筋肉の圧力次第!
▮リンパが果たす重要な役割
▮生活習慣は、リンパの流れを変える!
▮リンパが巡ると、見た目サイズが変わる! 
▮筋肉が育ち、脂肪燃焼が進む! 太らない体になる!
▮リンパ改善で、太らない身体と免疫力が手に入る!
▮簡単、2分のリンパ流しで、筋肉が柔軟、ダイエット効果!
▮体は、本能的にスリムボディが好き!

リンパ流し➡筋肉が柔軟に➡脂肪燃焼する➡二度と太らない

 スリムなボディラインを手に入れようと思ったら、一番先に行うことは、溜っているリンパをとり除くことです。
リンパが滞ったままの体では痩せにくく、痩せてもリバウンドを起こしやすいのです。

生活の中で、当たり前のように習慣化されていることが、実はリンパの流れを悪化させていることが余りにも多いのです。
リンパの流れが悪ければ、そのままダイエットに入っても成功しません。
先ずはその要因がどこにあるかを確認することから、はじめましょう。

リンパを滞らせている要因をチェック!

最近3か月間の生活状況から、振り返ってみましょう。
ダイエットに重要な事柄です。

チェックを入れてみて6個以上なら、下半身などにリンパが詰まっている可能性が高いです。
このままでは、ダイエットをしても上手く痩せられないか、一時的に痩せたとしても直ぐにリバウンドします。

体も疲れやすく、重だるいのではありませんか!?

習慣を見直し、リンパを流せば体が変わる!

❖お風呂は、シャワーだけでなく湯船につかろう
お風呂はシャワーだけではなく、湯船につかるようにしましょう。
お風呂で体を温めることで、血液が流れていきます。
血液が流れればリンパもそれに続いて流れが良くなります。

❖水分が不足しているなら
・水分は、のどが渇く前に飲むようにし、意識的に水分を増やすようにしましょう。
日中、水分をとることが少ないようなら、朝一番にコップ1杯のお水or白湯を飲みましょう。
そして就寝前にもコップ1杯のお水or白湯を飲むことで補うことができます。

❖運動不足、あまり汗をかけない
体の代謝が良くないことが考えられます。
運動を習慣づけると代謝も促進されるので、汗をかきやすい体質に変わります。
運動をして筋肉を動かせば、血液やリンパを押し出すポンプの力がはたらきます。

❖手足が冷えるなら
血液のめぐりが悪いので、リンパはそれ以上に滞っています。
体の毛細血管まで血液が流れていないので、手先や脚など末端が冷えるのです。
この後、述べるリンパケアがとても重要な役割を果たします。

❖便秘気味なら
夕食が遅いと、寝るまでの時間が短くなります。
食べたものが消化しきれず、胃に残骸を残したまま、翌日の朝を迎えることになります。
本来朝食を食べることで、前日、食べた食材の残骸が胃から腸へ押し出され、お通じを感じるようになるのが自然現象です。

ところが夕食後の時間が4時間たっていないと、寝るまでに消化できず、そのまま朝を迎えることになります。
体がこういう状態では、朝食を食べる気にもなれません。

当然、朝、スッキリしたお通じも叶わないでしょう。
体も重い筈ですし、午前中の体調も決して良くない筈、
食事時間を工夫するとともにお腹周りのリンパを流しましょう。

❖食欲が抑えられないということは
これは、脳にある食欲調整ホルモンであるレプチンが、効かなくなっているということです。

脳にある満腹中枢機能がはたらいていれば、「もう満腹だよー」とサインを出してくれてブレーキがかかるので、私たちは食べ過ぎを抑えることができるのです。

ここがはたらかないということは、ダイエットを望む方にとって大きなデメリットになります

体脂肪が多いとレプチンを受け取る受容体の感受性が鈍くなります。
すると更に無制限に食べ続けてしまい、恐ろしい結果に!

❖遅い時間に夕食を摂る習慣があると
食事から睡眠までの時間が短いと、レプチンが上手くはたらくことができなくなります。
レプチンが一旦鈍くなると、感受性が正常に戻るまでに時間がかかります。
これもダイエットを上手くできない要因になってしまいます。
ダイエットしたいなら、食事と睡眠の間隔は少なくとも4時間、できれば5時間空けるようにしましょう。

間隔を空けるために寝る時間を遅くする、これはダメですよー!
ダイエットに睡眠は重要な条件です。
必要なホルモンが上手くはたらけなくなるのです。

❖セルライトが目立つ
太ももには、セルライトができやすいものです。

セルライトがあると冷えやすく、リンパの流れに対して邪魔をします。

下半身が太りぎみの方は特に、一番先にリンパの流れを改善してからダイエットすることが大切です。

リンパは、筋肉の圧力次第

❖血液とリンパのシステム

リンパが果たす重要な役割

❖血液とリンパの流れの違い
血液は、心臓から動脈、静脈へと流れていき、絶え間なく循環しています。
血液は、心臓というポンプがありますが、リンパにはありません。
リンパを動かしているのは、筋肉の圧力です。このとき、弾力のある筋肉ならポンプの役割を果たして、スムーズにリンパを押し流すことができます。

❖リンパ節は下水処理工場の役割
耳の下、あごの下、鎖骨、脇の下、鼠径部(そけいぶ)など身体の中にいくつも存在しています。
リンパ節は、主に身体のゴミを処理しています。
リンパ節では、白血球がガン細胞や外部から侵入してきた異物、細菌、ウイルスなどと戦い、免疫をつくるという大切な役割を担っています。

❖長時間の同じ姿勢は、筋肉ポンプが動かなくなる
長時間同じ姿勢でいると、筋肉は硬くなり、しなやかさを失います。
硬くなった筋肉はリンパを押し出す力が弱くなり、ポンプ機能がはたらかなくなります。

❖不調は、リンパ流しで軽くなる
そしてリンパは滞り、老廃物やゴミなども回収することができなくなります。
老輩物の中には、疲労物質も含まれているので、疲れ、だるさがとれないということにもつながります。「何となく疲れている、体調が悪い」という時はリンパが停滞しているものです。
そんな時は、是非記事後半のリンパ流しをやってみてください。
不思議な体の軽さを覚えますよー

❖脂肪燃焼効率を高めるリンパ流し
血液と違い、リンパは筋肉というポンプで全身を巡っています。
筋肉が硬くて十分に収縮と膨張ができなくなった体は、筋肉ポンプの機能が低下して細胞間を満たす筈のリンパは停滞します。
そうなると、酸素や栄養が筋肉に運ばれることができなくなります。老廃物を回収し、排出することができなくなって、脂肪の燃焼効率が悪くなります。
リンパはいわゆる体内の水です。
水は動かなくなると汚いものを抱え込み、みるみるうちに大きな分子になり、ドロドロしてきます。

体内に余分な水分が排出できないと、そこにたまっているしかありません。
たまった体液は、細胞の間にたまり、むくみとして現れるのです。
こうなると、何をしても痩せにくく、例え一時痩せたと思っても直ぐにリバウンドしてしまいます。

ダイエットにとって、リンパは重要な役割を果たします。
脂肪燃焼、代謝促進などリンパは全身に大きく影響します。

生活習慣は、リンパの流れを変える!

これまで当たり前のように行ってきた習慣がリンパの巡りを悪くし、筋肉を硬くしてしまっていたのです。

上記の生活習慣を改めることは=リンパの流れが改善されるということです。

リンパが流れれば体調も良くなります。

これだけでも、上手くいかなかったダイエットの原因が改善され、効果は得られます。

リンパが巡ると、見た目サイズが変わる!

リンパケアを行っていくと、体重はそれ程変わらなくても、見た目がスリムになります。

気づいたらウエストサイズが変わり、パンツにゆとりが出るなど、見た目の変化を感じるようになります。それほどリンパの滞りは体型に影響するのです。

リンパの流れを常によくしながら、運動をすれば脂肪が燃焼され、筋肉もつきやすくなります。
自然に太らない体質になります。

贅肉と呼ばれる皮下脂肪や、内臓脂肪が減少します。
ウエストの上に乗っていたお腹の脂肪がなくなり、体型が変わります。

筋肉が育ち、脂肪燃焼が進む! 太らない体になる!

リンパケアをすると、筋肉に栄養が行き渡るため、筋肉が育つ環境になります。

筋肉が育つということは、脂肪が消費されて体の組成バランスが変わっていきます。

リンパが巡ることで、脂肪燃焼が進み、筋肉が増えるのです。

「リンパを流す」ということは、「筋肉を柔軟にする」ことでもあるのです。

リンパ改善で、太らない身体と免疫力が手に入る!

現代人は、平熱の低さが問題視されています。
リンパケアをすると、体温が上がります。体温が上がれば免疫力も上がります。
体温を作りだしているのは、筋肉や内臓です。
ここがしっかり動けば熱を発生させることができます。

リンパケアは筋肉が柔らかくなるので、リンパを流すポンプの役割が活性し、より熱を生み出すことができて体温が高くなります。

簡単、2分のリンパ流しで、筋肉が柔軟、ダイエット効果!

全ての筋肉は「耳」に通じているといいます。
リンパは全身にありますが、基本の場所を流すだけで筋肉が柔軟になり、脂肪が燃えやすい体になります。
リンパケアの方法はいくつもありますが、この場合は、力を入れずに、皮膚の上をなでるように手を動かします。

❖先ずは、全身に繋がる耳から始まり、あご、胸周り、脚へと

ふくらはぎは、一日の中でも簡単に1㎝や2㎝は太さが変動するところです。
リンパの流れが滞ると、即体型に影響してしまう場所です。

リンパが流れない体は、筋肉が常に緊張状態にあります。
体にたまった余分な水分や老廃物も、いくところを失い溜っているしかありません。
それがむくみとして現れるのです。

この筋肉を柔らかくすることで、骨盤や内臓が本来のあるべき位置に整います。
余分な水分や老廃物も排出できる身体に変わっていくのです。

この簡単なリンパ流しの実践だけでも痩せることができますが、
さらに痩せたい方は、リンパ流しを前後に入れて、ストレッチや運動を行うことをおススメします。

筋肉に力を入れた運動だけでは、筋肉が硬くなったままになるので、はじめと終わりにしっかりリンパ流しをしておけば筋肉が固まらずに脂肪が燃えやすくなります。

体は、本能的にスリムボディが好き!

体には、本来ホメオスターシスといって、一定のところで一定に保とうとするはたらきがあります。
リンパの流れが改善されれば、その機能と位置が定着します。
なりたいボディに近づくのです。
体は本能的に贅肉のないスリムなボディが好きです。その方が軽くて負担がないから。

見栄えの悪いセルライトも防止できます。

脂肪細胞にリンパ液や老廃物がからみついて、固まったためにできたものがセルライトです。
リンパさえ流れていれば、セルライトはできにくくなります。

リンパがスムーズに流れていれば、
❖代謝が良くなるので痩せやすくなります。
❖体温が上がるので基礎代謝が上がります。

・体温が1℃上がると基礎代謝は13%アップします。
基礎代謝が上がれば、エネルギー消費量が増えるので、ダイエット効果が高くなります。

さぁ、リンパを流してなりたいボディを手に入れましょう!

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2017 All Rights Reserved.