≪最新おすすめダイエット術≫――話題の人気ダイエット法





日々、“さまざまなダイエット法”が考案されていることがご存知でしょうか。

世界各地、どの国でも女性たちというのは『痩せて美しくなること』を求めているため、日本では想像もしないような“ダイエット法”が外国では流行していたりなどします。

そこで此度は、世界で流行している“人気ダイエット法”のうち、特に効果が高くかつユニークなモノをピックアップしてみました。

ぜひ今後のダイエットの参考または、これから実施してみてください。

―――――――――――――――――――――――――

こんにゅくダイエット



Q&A



Q:なぜ、こんにゃく?
A:こんにゃくは、“100gたったの5カロリー”という『超低カロリー』なうえに食物繊維豊富な食材だからです。

Q:低カロリーじゃお腹に溜まらなくない?
A:こんにゃくは、胃の中で膨らむため、食後は“満腹感”を得られます。

Q:でも、こんにゃくだけじゃ栄養が偏るんじゃ……?
A:こんにゃくだけでは基本栄養が足りなくなるので、サプリメントなどで補給しましょう。

概要



近年、海外でも“ダイエット食品”として『こんにゃく』は注目されつつあり、美しいスタイルのモデルが多い中国や韓国などで人気を博しています。

「低カロリー」
「腹持ち」
「食物繊維豊富」


――まさにダイエットに最適な食品であるものの、たったひとつ『こんにゃく』にも難点があり、それはと言えば“味が微妙”というところ。

多くある食品のなかで少々つまむほどであれば良いですけれど、一食がまるまる“こんにゃくオンリー”となると、箸が進まないどころか、食欲さえ失せてしまうような気がしますよね。

そこで、こんにゃくへの食欲を少しでも強めるため……

多彩な『こんにゃくレシピ』を検索して、飽きてしまわないよう、さまざまな味つけで調理をしてみましょう。

※ 注意
こんにゃくは、1日200g以下までが目安です。


―――――――――――――――――――――――――

カレーダイエット



Q&A



Q:カレーってカロリーが高いんじゃないの?
A:カレーライスのように他の食物と食べることで高カロリーになりますが、カレールーだけであれば、それほどカロリーは高くありません。

Q:カレールーだけじゃ身体に悪そうだけど……?
A:偏食系のダイエットでは基本的に栄養バランスが崩壊してしまうものですから、サプリメントや他の食事の時間にしっかり栄養補給をしましょう。

Q:カレールーがダイエットに効くとは思えないんですが?
A:カレールーはさまざまなスパイスからできているため、食物繊維を含め豊富なダイエット促進要素を含有していますので、ダイエットには最適な食品のひとつ。

概要



カレーダイエットと言っても、そのためにわざわざカレーを煮込んで作るのは面倒……という方も少なくないでしょう。

カレールーから調理すれば非常に面倒ですし、一般的な調理法では“ダイエット効果”を相殺してしまうこともあるので、「インスタント・レトルトカレー」がおすすめです。

「カレールーだけじゃ食べにくい、やっぱりライスが欲しい!」という方は、レタスやキャベツ、トマトなどの野菜類と併せて食べてみましょう。

キーマタイプのカレールーであれば、レタスに少量を乗せることで、タコス風においしく召し上がることができます。

※ 注意
レトルトカレーは、“一日・一食・一個”を心がけましょう。


―――――――――――――――――――――――――

アルコールダイエット



Q&A



Q:お酒ってカロリー高めだし、絶対痩せられないでしょ?
A:お酒は確かに“カロリーの高め”な飲み物ですけれど、アルコールが肝臓にて代謝されるときにエネルギーが消費されます。

Q:どのくらい飲めばいいの?
A:飲み過ぎて食欲不振を起こしたりなどしていてはダイエット以前に身体が持ちませんし、酔い状態は自立神経のコントロールが効きにくくなるため、ダイエットには向きません。
酔わない程度のアルコールを適度に飲酒することが目安ですので、自分に合った量を模索してみてください。

Q:どのタイプのお酒が“ダイエット効果”が一番期待できる?
A:カロリーのほとんどない水やお茶、ウーロンなどで割れる焼酎類を薄くして飲酒するのがベストです。
ワインなども痩せ効果があるので、好みのお酒を選択してください。
言うまでもありませんが、ジュースで割る高カロリー系のお酒は避けましょう。

概要



お酒を飲んで痩せられるなんて、お酒好きには願ったり叶ったり……そう誤解して、過度な飲酒をすることは避ける必要があります。

アルコールでダイエットを促すことができるのは、あくまで――

・他の食事を制限する
・飲酒の量も最低限にする
・酔い過ぎないように抑制する


――以上、3つのことがすべてできて、初めて“ダイエット効果”を実感できるもの。

とめどなくただアルコールを飲み続けることは、ただ楽しむための飲酒ですので、それを“アルコール・ダイエット”と混合させてはいけません。

※ 注意
おつまみを酒間に食べるのであれば、低カロリーなモノを選択しましょう。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。