コーヒー恐るべきダイエット効果!メタボ改善、集中力UP効果!

▮コーヒーの健康ダイエット 驚くべき効果が!






・コーヒーのクロロゲン酸で脂肪を燃やし、ダイエット効果!
・コーヒーを飲んでメタボリックシンドロームの改善!
・今、コーヒーが新たなブームに!
・特定保健用食品表示のコーヒーが!
・クロロゲン酸は野菜からも摂れる!
・クロロゲン酸の副作用は心配ないの?
・集中力を高めるコーヒー、リラックスできるコーヒー!
・運動の前にコーヒー1杯で脂肪燃焼率が高まる!
・コーヒーを飲んで仮眠! 30分後に覚醒作用で集中度UP!
・一日のほどよい量はカップ3杯~5杯まで



▮コーヒーのクロロゲン酸で脂肪を燃やし、ダイエット効果


コーヒーと言えばポリフェノール! (赤ワインで有名になった)
ポリフェノールの1種である「クロロゲン酸」が注目されています。
コーヒーのあの複雑で濃厚な香りや味、美味しそうな透明の茶色や、苦みを醸し出しているはこのクロロゲン酸によるものだそうですね。


コーヒーポリフェノールとも呼ばれるほど強い抗酸化力のある栄養成分で、主にコーヒーに多くのクロロゲン酸が含まれています。
コーヒーと言えばカフェインのイメージが強くありますが、クロロゲン酸は、カフェインよりも多く含まれていて、5%~10%も含まれていると言われます。


1日3杯から5杯のコーヒーを飲むことで、糖尿病や肝臓病、心疾患などのリスクを減らせる効果があることを、以前テレビ番組で放送していたことがありました。
このクロロゲン酸は、肝臓や筋肉の細胞の中にあるミトコンドリアという燃焼器官に、身体の中に蓄積された脂質を摂りこみます。
エネルギーとしてミトコンドリアに次々と運んでくれるのです。
その結果、身体の中にある脂質が減るので、ダイエット効果に繋がるというわけです。

脂肪を燃やす働きをしてダイエッターとしても活躍してくれるのですね。
最近はクロロゲン酸を用いたダイエットサプリなんかも発売されています。



▮コーヒーを飲むとメタボリックシンドロームを改善できるって!?






コーヒーに含まれるカテキンの作用ですが、これはお茶より多く含まれています。
カテキンの効果も、強力な抗酸化作用と脂肪燃焼の効果です。


最近の研究では、良質なお茶などに含まれているカテキンは、ビタミンEの10倍、ビタミンCの80倍という優れた抗酸化力を持っているという報告があります。


「お茶でうがいをすると風邪を引かない」というのは、カテキンが持つ殺菌作用を知っていた昔の人の知恵でしょうね。

カテキンは、脂肪燃焼効果があるため、ダイエットにも注目されており、カテキンのサプリメントまで発売されています。



▮今、コーヒーが新たなブームに


スターバックス、ドトール、タリーズ、コメダ珈琲店、上島珈琲店、挙げればきりがない程美味しいコーヒーが飲めるコーヒーチェーン店が日本中にあります。

その上、コンビニでも缶コーヒーではなく、その場で機械が豆を抽出されて出てくるコーヒーが本当に美味しくなって。
セブンイレブンが凄く美味しい、いや上島珈琲が高いけどもっと美味しいとか・・・。

朝、会社へ入る前に、帰り際などに、沸かしたての美味しいコーヒーを先ず1杯飲んでから!
という習慣が身についている人も、今では少なくないように思います。
コーヒーは飲んでから30分後に集中力が高まるので、朝のコーヒーはとても理に叶っていますね。


▮特定保健用食品表示のコーヒー


日本でもクロロゲン酸を含むコーヒーが、特定保健用食品の表示で花王から「ヘルシアコーヒー」という商品名で売り出されていて話題になっていますよね。
コーヒークロロゲン酸が脂肪燃焼作用で『○○Kg痩せた!』とかCMで。

肥満の男女109人が1日1杯(185g)のコーヒーを12週間飲み続ける実験では、

・平均体重が:-1.5kg
・ウエストサイズが:-1.8㎝

中には、3kg痩せた人もいるとネットで公表しています。

ただ好きなコーヒーを飲んだだけで、この効果なら素晴らしいと思います。


豆の種類もどんどん増え続けていますし、未成熟の青い豆からクロロゲン酸を抽出して、つくられたダイエットサプリメントが、海外で爆発的にヒットしたことからも、コーヒーのダイエット効果、肥満予防への期待が高まっています。
今後、ますますエスカレートしてきそうな予感が・・・。


▮クロロゲン酸は野菜にも含有


クロロゲン酸はコーヒーが最も多く含有されていますが、野菜にも含まれています。
ジャガイモ、さつま芋、人参などの根菜に含まれています。
コーヒーは苦手という方は、野菜から摂取すればいいですね。


▮クロロゲン酸の副作用は心配ないの?


大量に摂ると、ミネラルの吸収を妨げると言われています。
しかし、毎日数杯程度の飲み方なら何の問題もないようですよ。

副作用ならカフェインの方があると言えばありますね。
眠気覚ましにコーヒーを飲むことがありますが、あんまり大量に摂ると不眠や心拍数の上昇、精神不安定などに見舞われることがあるようです。


▮集中力を高めるコーヒー、リラックスできるコーヒー




一日の合間に、コーヒーを何杯飲みますか?
街のコーヒー専門店の前を通るだけで、漂ってくるあのコーヒーの香りに癒されること
ありませんか?
何故か、コーヒーのあの香りは嗅ぐだけでも「ふ~ぅ、いい香り~」とリラックスできたり、反対に「ヨシッ! ガンバルゾー」と勢いや集中力を高めたりしますよね。
不思議な飲み物です。

コーヒーの豆の種類によって脳に与える効果が違うそうです。
・ハワイのコナ・マンデリンなどは、頭の回転が速くなり、集中度がUPする。
・ブルーマウンテン・グァテマラなどは、リラックス効果が高くなるそうですよー。


▮運動の60分前にコーヒー1杯で脂肪燃焼率が高まる!




運動とコーヒーの関係を調べてみました。
某医科大学の研究で
以下の3通りを1週間の比較実験の結果が出ていました。
1.「白湯を、飲んで30分運動」
2.「コーヒーを、飲んで30分運動」
3.「コーヒーを、飲んで30分起立」

いずれも飲んだ後は、60分間椅子に座り、安静にする。

運動する前にコーヒーを飲んだ人は、白湯に比べてより多くのエネルギーを消費している。
運動後もコーヒーを飲んだ人は、90分後もエネルギー消費量は高いまま維持できている。
コーヒーを飲んで運動した人の方が中性脂肪の分解が多いことが分かった。

そして、運動を始めるのは、コーヒーを飲んで約60分後、スタートがいいそうです。
まさにコーヒーを飲むという習慣は「良い生活習慣」と言えますね。

脂肪をより燃焼させたいならブラックがいいですね。
ただカフェインはぜんそくの薬にも使われている薬品なので、過剰摂取はダメだそうですよ。
不整脈や発作といった副作用が出ることがあるようですから。


▮コーヒーを飲んで仮眠! 30分後に覚醒作用で集中度UP!


お昼にランチを摂った後、眠くなることってありませんか?
そんな時、コーヒーを飲んで20分~30分だけ仮眠をとります。
コーヒーは飲んだ20分後辺りから覚醒効果がでますから、その間寝るのです。
起きた後は、ちょうど覚醒される時間なので、とてもスッキリします。

ここで注意することは、30分以上はダメです。
あくまでも覚醒される30分以内ですね。
実は私がこれをよく実践しているのです。
疲れた時、眠い時などこの仮眠後がとてもいいのです。


▮一日のほどよい量は、カップ3杯~5杯まで


世界保健機構(WHO)では、マグカップで1日3杯くらいに留めておくのがベストと言われています。
なので、大きめのマグカップなら1日3杯程度。
ソーサー付きの浅いコーヒーカップなら5杯程度を目安にしましょう。何事もほどほどに!

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。