ダイエットの豆知識

ダイエットにおける『疑問と答え』――太る原因は何ッ!?

更新日:


努力の分だけ痩せられるのなら頑張れるけれど、努力しても痩せられないのなら、最初から“ダイエットの努力”なんてしたくない――それは、当然のことです。

『ダイエット』に一度でも失敗してしまったら、何だか痩せる努力そのものが“無意味な気”がして、その後何度も「今度こそ!」とヤル気が沸き上がっても、数日経てば「どうせなぁ」とモチベーションが下がってしまうのは無理もありません。

実際、心理学にて“達成できる証明がなければモチベーションが下降する”という心理が提唱されています。

しかしながら、その心理は逆に“達成できる証明があれば、それだけモチベーションが向上する”ということでもあるため、まずは『ダイエットに対する疑問・不安』を取り除くことが、「ダイエット成功」への秘訣!!

そこで、ダイエット失敗の経験者が問う“ダイエットに関する質問”について、ひとつずつ取り上げ解説して行きますので、ここで手に入れた「ダイエット知識・信用」を糧にダイエットをぜひ成功させてください。

ダイエットの疑問&解説

質問“同じ分”だけ食べて痩せている人もいるのに、“同じ分”食べて太る私は『デブ体質』だからですか?

――「もう少し肉付けたいのに私はいくら食べても太らないの、きっと遺伝かなぁ」

TVや雑誌などにて発言する“ダイエット専門家や女医など”が、遺伝子で太るか、痩せるかは決まる……なんて、何の根拠もない発言をしているのを、昨今よく見かけます。

そのためか、そういった発言をそのまま鵜呑みにして、「自分は太る体質だから……」などと、それらの虚言を信頼しきっている女性が少なくありません。

ハッキリ述べますが『太る・痩せる体質』なんてモノは、何の根拠もないウソです。

兄弟姉妹は痩せているのに、ひとりだけ過食になってしまう人もいれば、多食の家族でもひとりだけ痩せている人もいます。

そもそも、痩せている友人などがアナタと“同じカロリー分”だけ食事をしているなんてことはあり得ません。

飲食店などで、一緒に食事をした際、「自分よりも多く食べていたのに……」と思っても、自宅に帰ったあとは“何を食べているか”なんて、絶対に分かりませんし、それに『同じカロリー分』だけなんて、かえって合わせる方が難しいくらいです。

人は、人並みより食べなければ痩せるし、人並み以上に食べれば太るようにできています。

“食べない努力”を続けること――それだけが『痩せる方法』ということをよく心に刻んでおきましょう。

ちなみに、フードファイターなど、異常に食べる人は試合後に“吐いてカロリーを摂取しない”と言われていますので、彼等を根拠の前提にしてはいけません。

質問宣言したのに、やっぱりどうも続かない……『ダイエット』なんて本当にできるの?

――「よし、今日から私はダイエットを始めるぞッ!!」

こんな風に意気揚々と『ダイエット宣言』をする方は、私の友人にも多くいます。

このような方々は、非常に“ダイエットの成就に対する意識が高い”のですけれど、「あとひとつ」何かが足りないようで、いつも失敗してしまうのが常でしょう。

その足りない「あとひとつ」さえ分かれば……と思っている方がきっと多いはず。

「あとひとつ」――その正体は、“ダイエットが成功したときの喜び・満足感”です。

『ダイエット宣言』をしてしまうことにより、まるで自分がすでに痩せることができたような疑似満足感を得られるため、いくらヤル気が高くても、『ダイエット宣言』によってモチベーションが一気に下降してしまうことが、ダイエット失敗の原因。

このことを心理学では、“ソーシャル・リアリティ(社会的現実)”と呼称し、何か『目標』を達成したいのであれば、誰にも言わない・知られないことが重要とされています。

言った方がモチベーションが向上するような気持ちも分かりますけれど、本当に「痩せたい」のであれば、口にすることは今後避けるようにしましょう。

質問“体重記録(日々の体重をメモすること)”って何の意味があるんですか?

この質問は、実にごもっとも!!

「今日は50キロ……今日は49キロ……今日は51キロ……」

――あとから数字を見ても、減ったり増えたり、まったく無駄のようにも感じますよね。

「日々の体重増減変化を知ることで“太り過ぎ”を防止する効果があるのではないか!?」

もちろん、そのような効果も期待できますけれど、本当は全く別、実のところ痩せるために『体重記録』は必要不可欠なことなのです。

『ダイエット』は決して数週間で成就するようなことではなく、数ヶ月を経てようやく成就する長期戦――そこでもっとも困難とされるのが、“高いモチベーションの維持”

漠然と何の気なしに日々の体重を記録しても、それは確かにあまり意味のないことです。

しかし、“一週間で1キロ減量”などと目標を掲げて、『体重記録』をして行くと、小さな目標の達成が喜びに代わり、数週間・数ヶ月と長いあいだ「ダイエット」を続けられる結果へとつながります。

目の前の“小さな目標”を乗り越えて行くことで、大きな目標を達成できるというのは、『願望成就の基礎』であり、ダイエットには確実で最適な効果を得られますので、ぜひダイエット挑戦の折りには採用してみてください。

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2018 All Rights Reserved.