【食物ダイエット法】――食べ物で『体型・性格』が変わるッ!?




カロリーの低い“食べ物”を中心に摂取する……≪低カロリー・ダイエット≫
運動でカロリー消費を激しくさせる……≪フィットネス・ダイエット≫
精神/心理を上手く利用して減量を促す……≪メンタル・ダイエット≫
   ……etc.


これまで、最新のテクノロジーやサイエンスなどを活用したさまざまな“ダイエット法”をご紹介してきました。

そして此度、新たにご紹介する“ダイエット法”……それは、最新の“脳医学”における発見をもとにした≪ブレインメディカル・ダイエット≫です。


“脳医学”における最新の発見とは、簡潔に述べると――

人は“食べ物”によって、その性格・人格が形成される


――というもの。



それがいったどういうことなのか、と言うと――

ファーストフード“ハンバーガー”ばかりを食べる人は『ハンバーガー人間』になり、インスタント食品“カップラーメン”ばかりを食べる人は『カップラーメン人間』になってしまうということです。



「それがいったい“ダイエット”とどのような関係があるのか?」


それはようするに、あなたが『太ってしまっている原因』または『ダイエットが続かない原因』『痩せられない原因』など、それらすべての原因はあなた自身ではなく、口にしている“食べ物”≪原因の可能性≫も充分にあり得るということ。




実例



同じ釜の飯を食う


――こんなことわざが、日本にはあります。


“同じ釜の飯”を食えば、自然と「仲が良くなる」ということですけれど、これはまた『同じ食材・食事』を摂っているため、性格が似通ってくるため「仲が良くなる」とも考えられます。


このことわざに限ったことではありません。



たとえば都市から隔離された村など、人々が共同で生活をするような場では、それぞれ村ごとに“住人の性格・人格”が似ていたという事例も確認されています。

それにまた、国内と国外においても日本で食べられている「日本食」と外国で食べられている「洋食」とは、まったく性質の異なる“食べ物”


日本人の内向的な性格、外国人のアグレッシブな性格もやはり“食べ物が『脳』に影響を与えた結果”と思わずにはいられません。




医学的な見解



従来はダーウィンの「進化論」が正しいモノとされて世論に認知されてきましたが、長年信じられ続けてきた「進化論」は近年にいたり論破されてしまいました。


従来の「進化論」を大まかに言えば――

≪動物は“その環境に適合するため”進化する≫


―――とのこと。



しかし、近年の新たに考案されている『人類の進化説』のなかには――

≪生き物は“その環境における食物”によって進化する≫


――とのようなことも述べられています。



たとえば、ライオンなどの“肉食動物”は、馬などの“草食動物”と比較しても分かるように、圧倒的に『凶暴な性格』です。

そして一方、草などを食物として成長する“草食動物”は、比較的に『温厚な性格』をしています。



それはつまり――

肉食動物は自身が本来“凶暴な本能”をしているから、他の動物を襲い、その肉を食するのではなく、『肉』を食べているから“凶暴な本能”になってしまったということ。



「どっちだって同じじゃないの?」

そう思われるかもしれませんが、そんなことはありません。



≪人の気持ちを考えず短気な性格の人≫がいたとして、前者の説であれば、この当人の本来の性質が“怒りっぽい性格”であるため、何をしてもその根本的な人格を変えることはできない……ということになっていまいます。

しかし、現代認知されている『人類の進化説』では後者、つまり“食べ物”を変えることで、その当人の根本的な“性格・人格”を変えられるということです。




食物ダイエット法



さて、“太ってしまう人”が食べる傾向のある『食べ物』――


    ・マーガリン
    ・バター
    ・マヨネーズ
    ・チーズ
    ・牛乳
       ……etc.



――上記の食品類です。


見れば分かるとおり「乳製品」「卵製品」が特に多いですね。




【食べ物が『性格』に与える影響】



    肉類をよく食べている――自分勝手な性格/目先の欲望に執着しやすい
    野菜類をよく食べている――謙遜的な性格/何事にも計画的な思考
    糖類をよく食べている――楽観的な性格/自分に甘いところがある
    塩類をよく食べている――慌ただしい性格/神経質なところがある
    酸味類をよく食べている――飽きっぽい性格/無神経なところがある




主に「肉類」「糖類」「酸味類」が“肥満体型の人の性格”をもっとも顕著に表し、合致していることが分かります。


≪食物ダイエット法≫では――集中的に「肉類」「糖類」「酸味類」を避け、『野菜類』『塩類』の食事を心がけるようにするだけ。



たったそれだけの意識だけで、時間と共にその当人の性格は――

<謙遜的/計画的/慌ただしい/神経質>

――を主とする傾向になりますから、その後はおのずと“自分の体型のコントロール”に努め、「食事制限」を苦としなくなるようになることでしょう。


いつからでも始められる簡単な“ダイエット法”ですから、ぜひ実践してみてください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。