≪ダイエットグッズ≫効果的な脂肪燃焼を実現『エアロバイク』





「ダイエットグッズを使っても痩せられない……

そうお悩みの方も少なくないはず――そこで、此度は絶対に損をしない“ダイエットグッズ”をご紹介します。



ダイエットグッズ・良いモノとは?



“ダイエットグッズ”と言えばさまざまな商品がありますが、たとえば代表的なもので『フラフープ』があります。

『フラフープ』を腰でクルクルと回すことで腹筋を鍛え――


ポッコリお腹を細くし、さらに便通を良くする

――なんて宣伝文句を聞いて「フラフープならジャマにならないし、毎日続けられそう!」と思って購入したことはありませんか?


もしもそのような方がいるのなら、購入した『フラフープ』を見てみてください。

おそらくですが、きっと今は『フラフープ』にホコリがかかっているのではありませんか?



使わなくなるダイエットグッズの問題点



① それほど効果がない



上記で述べた『フラフープ』で例えると、それほど腹筋が鍛えられるわけでもなければ、便通を良くするわけでもないというところ。

『フラフープ』って案外、腰を動かさないんですよね。

ただ腰でぐるぐると『フラフープ』を回すだけなので、そんなに疲れもしないけれど、その分、消費カロリーも微々たるもの。

慣れてしまえば飽きるのもすぐです。



② 場所をとらない簡単なモノ



ジムに置いてあるようなデッカイ“ウォーキング・マシン”が自宅のリビングにあったらどう思いますか?

「ジャマだなぁ……」と思うかもしれません。


では、『フラフープ』が置いてあったら、いかがでしょうか?

隙間にしまっておけるから「ジャマにならない!」と思われる方も少なくないはず。


ここが間違いです。

仮に大きな“ダイエットグッズ”も日々使うものであったら、「ジャマだなぁ」なんて思いません。

そしてまた省スペースで扱える“ダイエットグッズ”でも、“ダイエットグッズ”を効果的に利用できる方は「隙間にしまっておこう」なんてことはそもそも考えません。


傾向で言えば、大きくて場所をとる“ダイエットグッズ”ほどよく利用され、ダイエット成功者が多く、小さくて場所をとらない簡単な“ダイエットグッズ”ほど、放置されホコリを被って、それこそジャマなモノになってしまう場合が多いとされます。

「本気で痩せたい」のであれば、多少大きくても実用的な“ダイエットグッズ”を選択しましょう。



③ 身体に支障をきたすもの



“ダイエットグッズ”で一番怖いモノは、身体を壊しかねない道具です。

たとえば、ふたたび取り上げて例えるならば『フラフープ』――運動神経のない方、不器用な方、太り過ぎている方などが利用した場合、十中八九の可能性で「腰を悪く」することがあります。

一度、『腰痛』を経験してしまうと、今後運動を行うこと自体に抵抗ができたり、また運動しなくとも『腰痛』を再発したりなど、ダイエットに対するいろいろな弊害が生じて、かえって運動をまったくしなくなる可能性も……。

上記で述べた“ウォーキング・マシン”『フラフープ』と同様の危険があり、腰を悪くする可能性、さらには膝への重い弊害を加えかねません。

腰と膝に弊害が生じれば、もはや歩くのさえ嫌になる可能性もあり、本末転倒もいいところ。



体重の重い人(100キロ以上)の方が「よしッ、ダイエットするぞ!」と意気込んで、よくある失敗ですが、100キロ以上の方はゆっくり歩くだけでも膝に尋常ではない負担を与えています。

・足腰に負担を与えない
・簡単過ぎない
・カロリーが多く消費できる


――以上“3つの条件”を備えているアイテムこそ、効果的な“ダイエットグッズ”なのです。



エアロバイク



上の項で述べた“3つの条件”をすべてクリアしているのが、『エアロバイク』です。

「え……エアロバイクって足腰・膝に負担与えそうじゃん……」

そう勘違いされている方も多いですよね。

例えば『100キロの方がウォーキング/ランニング/サイクリング』をした場合で考えてみましょう。


ウォーキング→1歩進むたびに体重の1.2倍の重量が足腰に掛かります。(120キロの負担)

ランニング→1歩走るたびに体重の3倍の重量が足腰に掛かります。(300キロの負担)

サイクリング→基本的に体重の負担はなく、ペダルの重さ(0.5程度)の負担がかかります。(0.5キロの負担)


以上を見て頂ければ分かるように自転車は、足腰への負担を最小限に抑えてくれるうえ、実質負担を負うのは足先に集中するため、ヒザをかえって強くすることが可能。

実際の自転車に乗るときは多少、自分の体重で負担が増えることもありますが、自宅でできる『エアロバイク』の場合、進むという概念がないので、自分の体重に足腰が影響を受けることがありません。



「足を回転させているだけじゃ簡単だし、カロリー消費だって低いのでは?」

――そんな疑問を浮かべる方も多いようですが、実際は足を回転させているのは、ほどよく大変かつカロリーの消費も大きいのです。


≪1時間=300Kcal≫


1時間でたった300Kcalと思われるかもしれませんが、一般的な生活での日常消費カロリーが1500~1700Kcalほどだと考えれば、300Kcalがそれほど少なくないとお分かりいただけることでしょう。

それにTVの前でドラマでも見ながら、ただひたすら足を回していれば、1時間もあっという間。

気楽に痩せることができます。


『エアロバイク』の魅力はそれだけでなく、さらに“お手頃価格”

通常の自転車が2~3万ですけれど、『エアロバイク』は1~2万で結構いいモノが購入できます。

『体重を低下させる』ための投資だと思えば、ジムへ通ったり、無駄な“ダイエットグッズ”を購入したりなどするよりも、充分な価値を得られはず。

「どうしても痩せたい」と願っているのであれば、一度検討してみてはいかがでしょうか。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。