ダイエットの豆知識

痩せ成就率90%以上!!≪強制的なダイエット法≫

更新日:


「(痩せたい……)パクパク(痩せたい……)パクパクもぐもぐ」

意識内では“痩せること”を望んでいるのに、手と口が止まらず<食べることを止められない>――そんな症状に悩まされている方は、きっと多いはず。

しかし、その「原因は何か?」といっても、心理的・病理的なさまざまな原因が考えられますから、一概に“これこれが原因である!”とは断言できません。

さらにまた、それら心理的・病理的な原因を突き止めたところで、あまり意味はなく、結局のところ、痩せた体型を手に入れるには“当人の努力・忍耐”が不可欠なのです。

そうと言うのも、現代の技術では『痩せられる薬』などという便利な薬はなく、医療に掛かったところで、摂食における処方薬といえば「抗不安薬」くらいなもの。

抗不安薬(精神安定剤)
心理的な不安からくる動機などを抑制して、当人に安心や安静、安定した心理状態を促す薬。

しかしながら、抗不安薬を投薬したところで、精神の安定によって「より食欲が増進した」なんていうこともあるため、薬によって“過食状態”から逃れることはできないわけです。

<努力・忍耐>によって“食事をコントロール”――言葉で言うだけなら非常に簡単ですけれど、それができるのであれば、誰も苦労はしませんよね。

そこで今回は、<努力・忍耐>が苦手、でも痩せたい、という方に推奨できる最低な≪食事コントロール術≫についてご紹介します。

■ 努力・忍耐とは何か?

痩せる上でまず、知っておくべきことは<努力・忍耐>とは何なのか、ということです。

この<努力・忍耐>という言葉の意味だけであれば、辞書やWEB検索を行えば、すぐに出てきますから、おそらく大多数の方が知っておられることでしょう。

けれども、その<努力・忍耐>“本来の意”を知る人は少ない……まして、食事のコントロールが苦手な「ダイエット志願者」であれば、なおさら、そういったことには疎いはず。

<努力・忍耐>というのは、本来、さほど難しいことではなく、現在を生きるほとんどの人々……むろん、ダイエット志願者の方たちであっても、方面は違えどもそれなりの<努力・忍耐>をして生きています。

<努力・忍耐>をしているからこそ、運命を受け入れ、また平穏な生活、ときおり喜びが得られる――とまで言ってしまえば、何やら宗教くさくなってしまいますけれど、生きるということ、それが努力のたまものであるのだから、意味合いとしては間違いではありません。

しかしまた、生きるという<努力・忍耐>はできるのにも関わらず、食事を制限するというほんの些細な<努力・忍耐>が行えないのかと言えば、それは両者の大きな違い――。

――つまり、その<努力・忍耐>が「運」か「意志」か、どちらに強いられるか、ということ。

人という生物の心理は、「運命」を受け入れやすい構造をしている、ということが精神分析学にて解明されています。

そんなわけで、痩せるには「運命」のチカラを利用するのが効果的。

では、≪天命ダイエット≫をご紹介します――。

■ ≪天命ダイエット≫

用意するモノは「サイコロ」ひとつ。

朝・昼・夕……食事の時間になったら、サイコロを振り、その出た目に合わせて食事をするという、まさに運任せの『ダイエット方法』です。

下記を参考にして、“サイコロの目に応じた量の食事のみ”を取り出し、それ以上の食べ物は口にしないよう気を付けましょう。

【サイコロの目と食事表】

    1――700Kcalまで(少し多めの食事)
    2――200Kcalまで(オニギリひとつ程度)
    3――300Kcalまで(ラーメン汁抜き一杯程度)
    4――400Kcalまで(オニギリふたつ程度)
    5――500Kcalまで(平均的な食事)
    6――600Kcalまで(平均的な食事)

上記を見て貰えば分かるように、6つの目のうち、半分が“少なめの食事量”、3分の1が“平均的な食事量”、そして6分の1が“少々多めの食事量”となっています。

すなわち、2度サイコロを振ったうち、ほとんどの確率で当人は“ダイエット”を強いられることになるわけであり、この「運命」に従えば、特に意識することなく、ダイエットを順調に進められることでしょう。

また、「何も食べない」ということは、かえって食事量を過多に陥られせてしまう可能性が強いため、最低でも100Kcal以上は摂取するよう心がけることが必要です。

――「本当に、こんなのでダイエットが続くだろうか……」

そのような不安・疑問を抱かれることは、まず間違いないと思いますけれど、一度実践してみれば、その『運命のチカラ』の強さに驚くことになりはず。

そもそも、太ることになってしまった原因もまた「運命のチカラ」であり、“豊富な食物がある”という運命が深層心理に働きかけ、<食べ物があるのだから食べる>という短絡的な倫理を生じさせてしまっていることと言えなくもありません。

「これだけしか食べてはいけない」という設定背景を自分に設けること、それがきっと“ダイエット”を力強くサポートし、スレンダーなボディへ導いてくれることでしょう。

-ダイエットの豆知識

Copyright© ズボラさんにおすすめ!効率よく痩せる為のテクニック , 2017 All Rights Reserved.